シンガポール金融業界向け転職・就職情報

singapore2.exblog.jp

<   2013年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ご注意!!面談会参加ご希望の皆様へ!!

今回の面談会に参加ご希望のメールを多数いただいておりますが、こちらからの返事メールがどういうわけか皆様の迷惑メールフォルダーに入ってしまう現象が起きております。
つきましては、申し訳ございませんが、既に参加希望のメールを出したにも関わらず、ご返事のない方は迷惑メールフォルダを確認ください。


[PR]
by singapore2012 | 2013-08-28 10:29 | その他

最近の求人動向及び、つぶやき。”SAT”

恐らく、“SAT”という言葉を聞くとSAT(Scholastic Assessment Test、大学入試)を思い浮かべる方々がほとんどかと思いますが、今回、つぶやくのは"Self Assessment Tool for Employment/ Spass" http://sat.mom.gov.sg/satservlet です。
以前”ビサ事情”のところで掲載したかと思いますので、一部の方はご存知かと思いますが、これは事前にビザが取得可能かどうかチェックできるサイトです。

実は最近、私はこのサイトを多用しております。といいますのも、最近、就労ビサ取得が厳しくなり、応募前の段階でこのサイトでビザ(主にEP)が取得可能か調べて欲しいとの依頼が来るからです。内容としては、大学名・給与額・職業・経験年数・国籍・年齢などを入力すると、その人材が EP/S-Pass両方が取得なのか、もしくは、S-Passのみなのかがざっくり判定できます。
メガバンクですとS-Passを申請しないところが多いので、ここのSATでS-Pass判定の方は残念ですが、アウトです。(ただし、S-Pass申請可能な銀行ももちろんあります。)

では、どういったパターンが下りやすくてどういったパターンが下りづらいのでしょうか。

下りやすいパターン: 

・「給与が高い方」(月収S$6K以上だとほぼEPで下ります。ただ、GM職でS$6K
だと下りなかったりします。まあ、GM職でS$6Kは低すぎるということです。ですので、職位と給与のバランスはもちろん必要です。

・「有名大学卒の方」所謂、一流大学の方などは比較的EPが取得し易いです。
実際、試したのですが「給与」「就業年数・年齢」「業務内容」など全て同じ条件で大学名だけ変えた場合、一流校ではEPが下りるが、そうでない大学の場合は月額にS$500プラスしないと下りないという結果も出ております。よって、大学名も多分に影響してきます。また、全日制と定時制ですと全日制の方が下りやすいようです。

・「若手人材、20代前半」若い第二新卒の場合は給与額が低め(S$3-3.5K)でも下りやすいです。

下りづらいパターン:

・「給与が安い方」(年齢・経験にも寄りますが、就業経験5-7年で20代後半で月収S$4K以下だと一流大学卒でないとEPは難しい場合が多いです。)

・「有名大学卒でない方」上記の「有名大学卒の方」の部分にをご参照ください。ただし、給与額が高ければもちろん下ります。相対的に見た場合、有名大学卒の方が折りやすいというだけの話です。

・「中堅人材、20代後半で給与安めの方」20代後半で就業経験が5-7年程度の方の場合は、第二新卒よりもプラスS$1,000-1,500(S$4-4.5K)ないとEPが取得できないというケースが最近多くなってきております。よって、人によっては雇用途中でビサの更新ができなくなり、退職となるパターンも出てきている状況です。銀行での秘書やアシスタントなどをされている方々には割りと深刻な問題です。よって、中堅人材になる前に給与額を上げることは非常に重要になります。

ということで、一度"Self Assessment Tool for Employment/ Spass" http://sat.mom.gov.sg/satservlet を使ってみてご自身のEP取得に適正な給与額(ご自身のビザが下りる最低給与額)を調べてみるのも良いかと思います。

ただ、もちろんこのSATサイトもあくまで目安ですので、SATサイトではEPが下りなかったけれど、実際は下りたというケースも若干あるようです。よって、参考までにというレベルです。
[PR]
by singapore2012 | 2013-08-27 16:47 | その他

【Banking & Financial Services】 E- Flash!!(23082013)

コメント:
求人マーケットとしての変化は、さほどございませんが、メガバンクからの案件が更に増えております。
特に、キャッシュマネージメントサービス関連のポジション及び、法人向け営業のポジションなどが若干増加という状況です。また、最近の傾向としては選考開始から採用に至るまでの時間が長くなってきている傾向にございます。背景としては、各企業(主に銀行)が採用に対してより慎重になってきているという状況でございます。

フロント    
【外資系保険:33895】   日系企業向け保険営業(アグレッシブに営業できる方)
【日系銀行:33687】     コーポレートアドバイザリー(マネージャーレベル/10年経験)
【日系銀行:33672】     カスタマーディーラー(5年経験程度)S$6K前後
【日系銀行:33509】     キャッシュマネージメントサービス営業(S$5K前後)    
【日系銀行:32795】     為替カスタマーディーラー1,000万円前後(別途ボーナス、経験によって前後)
【日系銀行:32931】      日系企業向け営業 S$4,500-7,000/月(銀行法人営業経験者)

ミドル・バック
【日系銀行:34170】     ビジネスプランニング業務(プレゼン資料作成・情報収集など)S$5K
【日系銀行:33673】     トランザクションバンキングオペレーションS$10K前後(5-10年)
【外資銀行:33567】     クライアントサービス 月額S$4-5K (オペレーション経験者)
【日系ヘッジファンド:33102】トレードサポート業務 S$4-5K/月額
【日系銀行:32943】      投資銀行部門にてビジネスレポート作成業務(同様業務経験者)
【日系銀行:30759】      業務管理・営業戦略 S$4,500/月(銀行での就業経験2年から5年)    
【外資証券:32345】      FXトレードサポート  S$4,000-7,000/月
【外資証券:32461】      Equityミドルオフィス S$5,000-6,000/月
【外資系運用会社:24802】 オペレーション業務 S$4,000-$$6,000/月(AnalystからAssociateレベルで検討!!)

その他海外

【日系銀行】オーストラリア勤務、デリバティブ営業(金利デリバ、事業会社向け)年収1,000万円前後 
【日系銀行:32777】中東で企画管理業務 年収700万円前後 (住宅手当込み)/銀行業務経験5年前後採用完了。
【日系銀行:30836】ベトナムで日系企業進出サポート 年収400万円弱(営業経験者)

上記現在、アクティブな案件になります。ご興味いただける案件ございましたら、LinkedIn経由、もしくは、メールに最新のCVを添付の上、下記のメールアドレスにお送りください。

(尚、案件詳細については、応募条件を満たされる方のみへの開示となります。)

singapore2012@excite.co.jp
http://www.linkedin.com/profile/view?id=116109347&trk=tab_pro 
[PR]
by singapore2012 | 2013-08-23 16:20 | E-Flash!!

クローズ!!/キャッシュマネージメントサービス営業募集!!

日系銀行にて、東南アジアの日系・多国籍企業向けにキャッシュマネージメントサービス(CMS)の販促サポート・プロダクト開発・強化におけるて顧客からのニーズの取りまとめ、部門内におけるマーケティング情報・プロダクト情報の共有。対象国(東南アジア)への出張頻繁にあり。

応募条件:
・銀行での営業経験(5年程度)
・決済システムの知識
・英語(ビジネスレベル)

上記の応募条件を満たされていて、当該案件にご興味いただけた方は、
LinkedIn経由、もしくは、メールに最新のCVを添付の上、下記のメールアドレスにお送りください。

(尚、案件詳細については、応募条件を満たされる方のみへの開示となります。)

singapore2012@excite.co.jp
http://www.linkedin.com/profile/view?id=116109347&trk=tab_pro 

[PR]
by singapore2012 | 2013-08-19 18:57 | 注目案件

祝日と有給

シンガポールで働いていると ”AL(Annual Leave)=有給休暇” も仕事を選ぶ際のファクターになってきます。(まあ、人によりますが…特に、シンガポール生活が長い日本人及び、お子さんのいらっしゃる女性の方々などは気にされます。)

例えば外資系金融機関だと年間24日間前後と比較的多いです。それに続き、メガバンクの21日間前後になります。(もちろん初年度は、proratedですが、)そのほか一般的な企業で14-15日間、少ないところですと7日間などになります。基本的に会社の方針により異なります。

そんな中、比較的ALが少ないのが日系ヘッジファンドです。年間10-14日間などになります。ただ実は、少しトリックがありまして、日系ヘッジファンドは東証に合わせて運用するため、日本の祝日で休みます。

そして、日本の祝日は年間17日、シンガポールは11日ですので、既に6日間の差があります。よって、実質お休みできる日という意味では10-14日間+6日になり、実は、そんなに他と変わらないという状況なのです。
しかも、日本にはゴールデンウィークのような連休などがありますので、シンガポールカレンダーで働いている私から見ると大分、羨ましいです。

 また、当地のAL消化率は非常に高く90%位になります。祝日前日などは既にALで休んでる人たちも多数いらっしゃいます。本日も、明日からの連休に向けて既に休んでいる人達が沢山います。

私も明日からお休みです。
[PR]
by singapore2012 | 2013-08-07 10:59 | その他