シンガポール金融業界向け転職・就職情報

singapore2.exblog.jp

シンガポール医療事情

 
シンガポールにおいては、日本の国民健康保険のようなシステムはなく、主に雇用主(企業)から医療サポート(保険を含む)を受けるか、個人で保険に入るかのいづれかになります。
 
雇用主(企業)が負担するケース:このケースが一番多いのですが、風邪などのちょっとした病気の際は、病院でかかった実費を雇用主に請求し払い戻してもらいます。 
 尚、いくらまで払い戻すかについては雇用主によって異なります。通常、年額S$500-1,500ですが、無制限のところもあります。また、雇用主が契約している保険医の場合はキャシュレスで対応が可能な場合もあります。
それとは別に、入院や手術の必要な場合はそれをカバーする団体保険に加入している雇用主がほとんどです。
よって、個人で入る方はそれほど多くはありませんが、雇用主のカバーする年間の限度額が低かったり、医療サポート内容が余り望ましくない場合は現地の保険会社から医療保険パッケージを購入されたりしております。

※尚、医療サポート内容は雇用主によって大分変わってきますので、ご入社の際に人事乃至は採用担当者に十分に確認されることをお勧めします。

※シンガポール金融業界でのご転職をお考えの方はsingapore2012@excite.co.jpまでお気軽にメール下さい。

http://www.linkedin.com/profile/view?id=116109347&trk=tab_pro 


※当サイトに掲載されている内容(写真やロゴ、または文章等のすべて)の一部またはすべてについて、無断で転載、流用することを禁止します。また、これらを利用したために起こった、いかなる責任をも一切負わないものとします。各自の自己責任において利用してください。
[PR]
by singapore2012 | 2012-08-16 17:13 | シンガポール生活情報