外国人雇用規制からの配偶者ビザの条件変更!

既に先月より、実施されておりますが、Dependent Pass(DP=配偶者ビザ)のスポンサーになる最低給与額が、S$4,000からS$5,000に上がりました。

どういうことかと言いますと、仮にAさん(男性)が現地採用でシンガポールで仕事を見つけて、家族を帯同させたいと考えます。その際には、DPを配偶者・子供に発行する必要があります。今までは、Aさんの給与がS$4,000以上であれば発行できましたが、先月からはS$5,000以上ないと発行ができなくなってます。

ちなみに、現在、S$5,000稼げていない方は、奥様も働いて奥様ご自身で就労ビザを取得する必要が出てきます。お子さんについては、学生ビザ取得という方法があるようですが、あまり一般的ではありません。

現在、シンガポールでのご就業を考えていて、ご家族帯同で、配偶者が働かないことを想定されている方は月収S$5,000以上が必須となります。
by singapore2012 | 2015-10-06 12:26 | シンガポールニュース

シンガポール金融業界での転職・就職をお考えの金融プロフェッショナルの方々向けに情報を発信しております。 RGF Talent Solutions Singapore Pte Ltd | EA Licence No. 10C2978 | EA Registration No. R1105666 嘉山


by S Kayama